声をカタチに~政策要望懇談会に臨む

新妻ひできメールマガジン vol.336

 

毎年この時期、10月半ばから11月初旬まで、国会審議の狭間を縫って、写真のように、各種団体から来年度予算・税制をめぐって各種団体の要望を聴く、政策要望懇談会が行われています。

ここで伺った声を政府に届ける折衝の場が目前に迫っています。国会論戦の合間を縫って、いよいよ今月から党の税制調査会がキックオフとなり、12月には来年度予算をめぐる党の部会が開催されるのです。

制度や予算は時代に合わせて常に見直さねばなりません。全身を耳にして、声を聴き、そしてカタチに。今日も全力で懇談会に臨んでまいります。

 

〇メルマガ配信停止手続きはページの最後にございます。

※写真はこちら→http://bit.ly/2C2Uc2g

 

公明党 参議院議員

新妻秀規(にいづまひでき) 

 

〇公明党

国際局次長

文化局次長

中部方面本部副幹事長

愛知県本部副代表、三重・岐阜・石川・富山・静岡各県本部顧問

 

〇参議院

経済産業委員会 委員

政府開発援助等に関する特別委員会 委員

国際経済・外交に関する調査会 理事

 

〇公明党政務調査会 

経済産業部会 部会長代理

 

〇議員連盟
日本(福島)・ワシントン友好議員連盟 事務局長
与党技術士議員連盟 事務局長

 

◯技術士(総合技術監理部門/航空・宇宙部門)

 

WEBサイト(リニューアルし、URL変更しました!)

https://www.niizuma-hideki.com   

facebook

https://www.facebook.com/niizuma.hideki.try 

Twitter 

https://twitter.com/h_niizuma 

YouTube

YouTube

※YouTubeのご視聴は、PCかパケット定額サービスを契約中のスマートフォンでご覧ください。

※このメールは、新妻ひできメールマガジンにご登録頂いた方、もしくは名刺交換させて頂いた方にお送りしています。

Komeito Mail Mag Project

トップへ戻る