企業のデジタル変革を後押し

新妻ひできメールマガジン vol.340

 

みなさま、「2025年の崖」って聞いたことありますでしょうか。

国内企業では、社内で使われている古い電算システム(レガシーシステム)が老朽化し、保守運用の手間やコストがふくれあがる一方、新しい事業を創出し収益を産むような「攻めのIT」に投資を回せていません。

このままでは日本がデジタル競争の敗者になってしまうという危機が2025年にもやって来るという『崖』です。

いま世界市場をグーグル・アップル・フェイスブック・アマゾンといったアメリカの巨大IT企業が席巻し、アリババやテンセントといった中国のIT企業も存在感を増しています。このように海外企業が人々の心を捉え、社会課題の解決に役立ち収益を産む「攻めのIT」を進める中、日本は大きく立ち遅れています。

この状況を克服するためには、企業のデジタル変革を後押しする仕組みが必要です。この仕組みを整える「情報処理促進法案」がこの国会で審議され、先週可決・成立しました。私も写真のように質疑に立ちました。

この法律には、企業のデジタル変革を促すため、国が指針を示し、基準を満たす企業を認定するという仕組みなどが盛り込まれています。

しかし、仕組みができたことはスタートに過ぎません。レガシーシステムという「負のIT資産」のお守りから 「攻めのIT」  へ。この仕組みの運用をフォローし、企業のデジタル変革を応援してまいります。

 

〇メルマガ配信停止手続きはページの最後にございます。

 

※写真はこちら→http://www.komei.or.jp/km/niizuma-hideki/files/2019/11/image.png

 

公明党 参議院議員

新妻秀規(にいづまひでき) 

 

〇公明党

国際局次長

文化局次長

中部方面本部副幹事長

愛知県本部副代表、三重・岐阜・石川・富山・静岡各県本部顧問

 

〇参議院

経済産業委員会 委員

政府開発援助等に関する特別委員会 委員

国際経済・外交に関する調査会 理事

 

〇公明党政務調査会 

経済産業部会 部会長代理

 

〇議員連盟
日本(福島)・ワシントン友好議員連盟 事務局長
与党技術士議員連盟 事務局長

 

◯技術士(総合技術監理部門/航空・宇宙部門)

 

WEBサイト(リニューアルし、URL変更しました!)

https://www.niizuma-hideki.com   

facebook

https://www.facebook.com/niizuma.hideki.try 

Twitter 

https://twitter.com/h_niizuma 

YouTube

YouTube

※YouTubeのご視聴は、PCかパケット定額サービスを契約中のスマートフォンでご覧ください。

※このメールは、新妻ひできメールマガジンにご登録頂いた方、もしくは名刺交換させて頂いた方にお送りしています。

 

Komeito Mail Mag Project

トップへ戻る