国土強靭化の最前線

新妻ひできメールマガジン vol.332

 

つい先日、富山県高岡市にて橋を点検している作業現場を視察しました。

高度成長期に急ピッチで建設された道路・橋・トンネルなどの社会基盤の老朽化が進行しており、このようにきちんと点検し、必要に応じて修理をしないと、大事故になってしまいます。

何気ない光景に見えるかもしれませんが、こうした地道な作業こそが皆様の安全な往来を守り、いざ大地震といった時に支障なく緊急物資を運べるようにするための基礎となる極めて重要な活動なのです。重要な社会基盤の点検と補修に、2018年度から20年度までの3年間で7兆円の国費をかけて進めているところです。

今回の内閣改造であらたに赤羽一嘉(あかばかずよし)氏が国交大臣に就任いたしました。阪神淡路大震災の被災者でもあり、国土強靱化に非常に強い思いを持っています。

皆様の命と財産を守るこの取組を、信念を持ち着実に進めて参ります。

〇メルマガ配信停止手続きはページの最後にございます。

※写真はこちら→http://www.komei.or.jp/km/niizuma-hideki/files/2019/10/IMG_4088.jpg

 

公明党 参議院議員

新妻秀規(にいづまひでき) 

 

◯公明党

国際局次長

文化局次長

中部方面本部副幹事長

愛知県本部副代表、三重・岐阜・石川・富山・静岡各県本部顧問

◯参議院公明党

政策審議副会長

◯参議院

経済産業委員会 委員

政府開発援助等に関する特別委員会 委員

国際経済・外交に関する調査会 理事

◯公明党政務調査会 

経済産業部会 部会長代理

◯技術士(総合技術監理部門/航空・宇宙部門)

 

WEBサイト(リニューアルし、URL変更しました!)

https://www.niizuma-hideki.com   

facebook

https://www.facebook.com/niizuma.hideki.try 

Twitter 

https://twitter.com/h_niizuma 

YouTube

niizumahidekicom
世界最先端の「ものづくり」の現場で17年間。「ボーイング787」の開発にも携わりました。 東大ラグビー部OB。社会人時代にボディビルにはまり、大会出場時の体脂肪率は2.6%。 宇宙飛行士試験も受験し残り50人まで残りました。 時刻表大好きな「乗り鉄」です。 2013年の初当選以来、徹して現場に足を運び、皆さまの声...

※YouTubeのご視聴は、PCかパケット定額サービスを契約中のスマートフォンでご覧ください。

※このメールは、新妻ひできメールマガジンにご登録頂いた方、もしくは名刺交換させて頂いた方にお送りしています。

Komeito Mail Mag Project

トップへ戻る